新着情報

2014.12.09

南山韓屋村 「冬至の歳時イベント」

南山韓屋村 「冬至の歳時イベント」

韓国の「冬至」の風習を体験するイベントが南山韓屋村で12月21日(日)に開催されます。


一年で一番昼が短くなる日、冬至(韓国語で「トンジ」)。南山韓屋村(ナムサン・ハノクマウル)では、冬至にちなんだ行事が行われます。

韓国でも冬至の日に行う風習があり、冬至はかつて韓国では「小さな正月」とも呼ばれていました。冬至の日にどこの家庭でも作って食べていたのが小豆粥(パッチュク)。冬至の小豆粥は、まず祠堂に置いて祭事を行い、それから部屋、居間、納屋に一杯づつ置いておき、門や壁に小豆粥を匙でまいてから食べたと言います。赤い色は悪鬼を追い払う力があるとされており、小豆は赤い色であることから、悪鬼を追い払い、災いを防ぐ効果を持つと考えられています。

南山韓屋村では、冬至の日当日、小豆粥の試食や伝統的な靴下作りなどの体験ができるプログラムを準備しました。伝統的な雰囲気の中で韓国の風習をお楽しみください!

プログラム

区分 プログラム名 日時 進行時間 参加費 場所
公演 韓屋の希望のコンサート 13:00/14:00/15:00 40分/3回 無料 閔氏家屋
体験 冬至パッチュク(小豆粥)試食 12:00~13:00 60分 無料 韓屋村広場
希望の魚ドローイング 11:00~17:00 終日 1,000ウォン
冬至護符体験 11:00~17:00
*冬至ホンマル(飾り靴下)作り 13:00~14:00
15:00~16:00
60分/2回 7,000ウォン 韓国国楽堂体験室
教育 駒作り 11:00~17:00 6時間 7,000ウォン イ・スンオプ(李承業)の家屋
弓作り 7,000ウォン
マーケット 冬のたべもの
*ジャガイモ、サツマイモ焼き
11:00~17:00 6時間 3,000ウォン 韓屋村広場
飲料販売 3,000ウォン

* プログラムと参加費などの詳細事項は後日変更される場合があります。

戻る

お気軽にお問合せください

 現地の連絡先

 010-9456-2032 (ヒロ)
(日本から:+82-10-9456-2032)